腹式呼吸ってむずかしい?イメージポイントは横隔膜!

こんにちは♪

先週レッスン中に、お二人の生徒さんから、

腹式呼吸って、どう意識すればよいのか?」とご質問いただきました★

お一人は、最近ボーカルレッスンに通い始めたそう、

もうお一人は、楽器を習い始めたそうで。

お二方とも、お腹に呼吸を入れる感覚がいまいちわからない、と。

 

腹式呼吸って、

「お腹を前に膨らませるように吸って、お腹を凹ませて吐く」と言われますよね。

でも、その「お腹を膨らませる」感じが、難しいですよね? 🙄

そこでイメージしていただきたいのが、【横隔膜のうごき】です!!

 

吸う息はそもそも、胸部(肺)に入るものであって、お腹には息は入りません。

それを、「お腹に入れる~~」と意識するからヤヤコシイのであります!

呼吸をする時、働くのは横隔膜。胸部と腹部の境目に、ドーム状にあります。

吐くときは、これが胸のほうに上がります。

吸うときは、これがお腹のほうに下がります。

 

つまり!!

吸うときに、「おなかを前に突き出すように膨らませる」と思わずに、

「横隔膜をお腹のほうに引き下げる」とイメージすると、

なんとなく感じをつかんでもらえると思います!! 😆

横隔膜がどんどん下がるからお腹が膨らんでいくよ~、って感じです!

 

そして大切なのが、「吸うことより吐くことが大事!」

必ず、絞り出すように?からだに残っている息を全部、吐ききってしまいましょう。

全~部、吐いてしまうと、次の吸う息が入りやすくなり、

横隔膜の動き=お腹が膨らむ感じが、より分かりやすくなると思います!

 

腹式呼吸がむずかしかった生徒さんにも、この説明で、

「すごくわかりやすいです~!!」と言っていただけました❤

ヨカッタ❤❤

 

ちなみに 💡

ヨガでは、呼吸法やゆっくりしたヨガでは腹式呼吸をします。

(動きの多いヨガでは胸式の呼吸(ウジャイ呼吸)をします。)

ヨガの時の腹式呼吸は、吐くときは、お腹を凹ませて薄~くしていきます。

おへその裏側を、背中側に引き寄せるように、引き込んでいくのですが・・・。

歌うときや、楽器を吹くときは、それでは力が出ませんね★

 

じゃあ、その場合は吐く息はどうすればいいの??

お腹は薄く凹ませていくのは一緒ですが、

背中も同時に後ろに押していきます!!

つまり・・・

後ろにホックのあるスカート、お腹に力を入れすぎたとき、ブチッとホックが飛びますよね??

(女性の皆さん一度くらい、そんな経験ございますよね??)

それです ★

吐くときにぜひ、後ろのホックをブチッといわせてくださいませ。 😆

お歌も、楽器も、上達間違いないでしょう♪♪♪

 

 

 

 

八尾市 ヨガ教室 green-shantih へのお問合せはこちらから