かけっこ教室。学ぶ機会を与えること。遅くてもいい、楽しく走ってほしいから。

こんにちは♪

一昨日、4月2日は「世界自閉症啓発デー」でしたね。

お城やタワー、各地の啓発イベントなども青色に染まっていましたね~。

私は、青ライトアップの大阪城もまだ見たことなくて、イベントも参加したことはないのですが、

私の息子も、ADHDと軽度の自閉症スペクトラムなので、

こういう取り組みによって世間の理解が深まって、生きやすい社会になればいいなぁ、と思います。

 

ところで、なんで色はブルーなんだろう?

青空の色??

調べてみたら、青は「癒し」とか、「希望」を意味してるのだとか。

でも、色々な啓発運動でよく使われる、リボン(例えば乳がんならピンクリボンとか)は、

自閉症啓発のリボンは、「カラフルなジグゾーパズル柄」なんですって!

知らなかった~!

 

さてさて、その息子は一昨日、「かけっこ教室」へ。

全3回の短期講座、その2回目でした。

身体を動かすのがあまり好きじゃなく得意ではない息子。

走るのも遅い。運動会の徒競走も、いつも最後から2番目くらい。

(身長は学年で一番高いので、遅いと目立つんですよね。 :mrgreen:

遅くても、別にいいんですよ。生きていく上で、なんも困らんし。

でも、遅いのが原因で、走ることを嫌いにならないでほしいなぁ~・・・。

苦手意識を、深めないでほしいなぁ~・・・。

 

私がそうだったので。

走り方がまず、おかしかったらしく、

(小学1年生の運動会で初めて本気で走ったら初めて指摘された)

笑われるんだけど、どこをどうして直せばいいのかは、誰も教えてくれなかった。

当然、走るのが嫌いになった。(早くもなかったし)

 

私はここで、声を大にして言いたい!!

走るのが遅いとか、走り方の癖とかは、ちゃんと正しいやり方を教えてあげないから出来ないんですよ!

で、苦手になって嫌いになっちゃうんですよ!!

走るって、教わらなくても皆走れるから、わざわざ教えたりしないけれど、

小学生の時にきっちりと教えてあげるべき!

(歩き方もそうでしょ?癖のある歩き方で毎日1万歩、歩いてみ。膝、腰、悪くするやん。歩く、走るって、基本のフォームをきちんと教えるべきだと、私は思うのです!)

 

息子も、走りが遅い事は気にしていたらしく、こんな教室あるよ、行く?と尋ねましたら、行く!!と。 😉

なんでも、おにご(最近はおにごっこの事、おにごと言うんですね)の時に、

友達にすぐ追いつかれるのが悔しいから、見返してやりたいんだそうです。 😆

 

教室は、息子と同学年~もう少し小さい子たちで、

若いお兄ちゃん先生が、走るときの身体の使い方を、子供たちに丁寧に教えてくれます。

コツを身体で学んで、少しずつフォームも良くなり早さも出てきた子供たち♪

息子も頑張ってます↓

この写真は大丈夫だけど、

いつも、同じ側の足と手を出してスタートポジションをとっちゃう息子。笑

(いわゆる、なんば ってやつですね 😆 )

腕の振り方や足の上げ方、姿勢など教えてもらい、何回も走る。

小さいわっかや、ミニサイズのハードルを踏まないように走る練習。

 

1時間のレッスン中、50分くらいまではご機嫌に楽しく走っていた息子ですが。

・・・最後の最後に、ハードルを3つくらい、ガシャガシャッと倒してしまいました。

あ~~、泣いちゃった 😥

 

息子より小さい子たちが、あと何本かダッシュする中、気分が戻らず部屋の隅で、大泣き~ 😥

予想外の事が起こる(失敗)という事態に、とても弱い。しかも気分がなかなか変わりにくい。

↑ということを、母は十分認識しているので、慌てない。(慣れてる)

一番大きいのに、泣いたりして、恥ずかしい!とも、思わない。(これも慣れた)

レッスンが終わるのを待って、ヨシヨシ、大丈夫大丈夫。

先生もわざわざ来てくださって、大丈夫大丈夫、と。

それでもなかなか、気分が戻らない息子でありました。

 

オット(パパ)が一緒に居なくて良かったよ。

きっと、「一番大きいのに、恥ずかしいなぁ~!そんなことくらいで泣くな!」って、息子に言っただろう。

(ま、言わさないようにギロッと睨みつけて、けん制するけどね!笑)

 

私は皆にバカにされるから、運動会も極力走りたくなかったけど、

運動会の地区対抗リレーはその地区で同学年の女子は私1人だったから、6年間毎年走った。

4年生の時、どうしても嫌で、選考会の時に泣いてしまったら、

母は、「誰も泣いてないのに!○○ちゃん(同じ地区の年下の子)に慰められたりして、恥ずかしい!」と私を責めた。

いつも、誰かと比べられて叱られてた。

だから、

私は息子を、人と比べて出来ないことを叱るって事は極力しないと決めている。

ADHDなど発達障害の子は、成長がゆっくり。(大体3年位、同学年の子と比べて遅いらしい。人によりますが)

なのでなおさら、比べても、しゃ~ないねんけどね!!笑

「しっかりしてよ~!!」「もう3年生なのにこれ位は自分で出来んと~!!」

と言うことは多くなってきてますが、

「○○ちゃんはできるのに」とか、比べて叱ったりすることはないです。

それは、親のエゴでしかない。

出来ないことにフォーカスしても、苦手意識を植えつけるだけです。

 

「出来んでもええねん。そんくらいで死なんから!!」といつも言うてます。笑

 

でも、出来んでもええけど、苦手でもええけど、

そのことを嫌いにならないでほしいんですね。

上手くできないけど、苦手やけど、嫌いじゃない!結構楽しい!

そこにもっていってやりたいなぁ~、と思うのです。 😉

 

えっ、親のエゴかなあ??

でももし私の小さい頃に走り方教室があって、ちゃんと教えてもらっていたなら、

走るのがこんなに嫌いにならなかったはず!

なので、息子には、「機会」をなるべくたくさん、与えてやりたいなぁ~と思うのです。

私に出来ることはそれくらいですね。

選ぶか選ばないか、好きになるか嫌いになるか、

それは本人が決めればいいのです。 😉

 

 

八尾市 ヨガ教室 green-shantih へのお問合せはこちらから